妖怪と人間を「モノ」にする社会システム(『妖怪ウォッチ』に魅せられる子供たち③-1)

3.ポストモダンと『妖怪ウォッチ』 3.1.妖怪と人間を「モノ」にする社会システム ジャン・ボードリヤールは『消費社会の神話と構造』という著作で、この豊かで貧しい社会について方っている真の豊さについて語っている。彼によれ… Read More 妖怪と人間を「モノ」にする社会システム(『妖怪ウォッチ』に魅せられる子供たち③-1)

評価:

『妖怪ウォッチ』が物語る「ごく普通」に覗える全体主義(『妖怪ウォッチ』に魅せられる子供たち②)

2.『妖怪ウォッチ』が物語る「ごく普通」に覗える全体主義 テレビアニメ『妖怪ウォッチ』のエピソードは、メインストーリーになる2本の小エピソードとショートストーリーがセットとして成り立っている。メインストーリーでは、「問題… Read More 『妖怪ウォッチ』が物語る「ごく普通」に覗える全体主義(『妖怪ウォッチ』に魅せられる子供たち②)

評価:

『妖怪ウォッチ』の異例的なブーム(『妖怪ウォッチ』に魅せられる子供たち―エンターテインメントとなった全体主義と資本主義の暴力―①)

群像評論賞に応募して予選通過した評論を全文公開いたします。 この評論を書いたきっかけは、昨年の冬、偶然耳にしたアニメ『妖怪ウォッチ』の主題歌でした。驚愕せざるを得ない歌詞は、『妖怪ウォッチ』というアニメに興味を持たせるに… Read More 『妖怪ウォッチ』の異例的なブーム(『妖怪ウォッチ』に魅せられる子供たち―エンターテインメントとなった全体主義と資本主義の暴力―①)

評価: