主人公・ケータは現代の小さいヒトラーだ(『妖怪ウォッチ』に魅せられる子供たち④-1)

「全体」を脅かす存在、「妖怪」とポストモダン主義(①) 人は他の人との関係を結びながら生きる動物である。人との関わりを通して個人は自己中心的な思考体系から脱却できる。そのことによって倫理や人権というものが確立し、真の意味… Read More 主人公・ケータは現代の小さいヒトラーだ(『妖怪ウォッチ』に魅せられる子供たち④-1)

評価:

「妖怪のせいなのね、そうなのね♪」という歌詞のポストモダン的側面(『妖怪ウォッチ』に魅せられる子供たち③-2)

3.2「妖怪のせいなのね、そうなのね♪」という歌詞のポストモダン的側面 「妖怪の仕業」というのは、いくつかの意味で現代人の「生き様」を物語ってくれる。現代社会に蔓延している「科学万能主義」も、近代の思想に反発して思想の多… Read More 「妖怪のせいなのね、そうなのね♪」という歌詞のポストモダン的側面(『妖怪ウォッチ』に魅せられる子供たち③-2)

評価:

妖怪と人間を「モノ」にする社会システム(『妖怪ウォッチ』に魅せられる子供たち③-1)

3.ポストモダンと『妖怪ウォッチ』 3.1.妖怪と人間を「モノ」にする社会システム ジャン・ボードリヤールは『消費社会の神話と構造』という著作で、この豊かで貧しい社会について方っている真の豊さについて語っている。彼によれ… Read More 妖怪と人間を「モノ」にする社会システム(『妖怪ウォッチ』に魅せられる子供たち③-1)

評価: