異邦人の答え合わせの小説である、アルベール・カミュ『ペスト』要約&解説

新型コロナウィルスの影響で、カミュの『ペスト』の販売部数が飛躍的に伸びているそうですね。日本でもコロナウィルスの感染者が増え続けているので不安に思う方も多くいらっしゃるかと思います。アルベール・カミュの『ペスト』を通して、人類の存続を脅かす絶望的状況に置かれたとき、私たちがどのように生きるべきか、考えていきたいと思います。

カミュが『ペスト』を通して物語る希望を皆さまに共有すべく、この動画を作りました。読書ノートのように本のまとめと引用を含んでおりますので、まだ本をお読みになっていない方も、本を買ったけれどあまり進んでいないという方もぜひ参考にしていただければと思います。
広告

アルベール・カミュ著、宮崎嶺雄訳『ペスト』新潮文庫(昭和44年)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中